デザイナー兼ディレクターとして日々頑張っています!

2018-6-19

久しぶりの、シリーズこの仕事、何するの?

 

続けています!

 

今回は弊社でも人気案件のディレクターのお仕事です。

 

今回こちらのコラムを執筆してくださったCさんは、ご自身デザイナーとしてお仕事をスタートされました。現在はデザイナーだけでなくディレクターとしても幅広くご活躍されています。

デザイナーとして大切なマインドや、どうしてディレクターになったのかというお話を2回に分けてお届けします。今回はディレクターになる前のデザイナー時代のお話が中心です。

 

将来仕事の幅を広げようとお考えの方、デザイナーの経験を活かして他の仕事をしようと思っている方必読です。

 

 

私はデザインの専門学校を卒業後、雑誌やDM 等の制作をする会社にデータ制作オペレーターとして入社しました。

 

本当はデザイナーとしての就職先を探したのですが、どこも求人条件が経験者希望だった為「まずは業界に入り込んで下積みをしよう!」と考えたのです。

そこでは「デザインのレイアウト・配色・見せ方の基本、仕事道具(PCやソフト等)の現場での使用方法」を学びました。

 

ただデザイナーに業務変更することは難しい環境だったので3年程でその会社を退社。

次に「デザインの制作・イベント等の企画運営」という業務内容の会社に念願のデザイナーとして入社する事ができました!

 

その会社もデザイナー経験者希望だったのですが「オペレーターとして数年勤めた実績を考慮した」ということでした。

「デザイン未経験ですが頑張ります!」と熱意を伝えてデザイン業界に入る事もできるかと思いますが、私がやったように「オペレーターやアシスタントとしてデザイナーの下で経験を積みデザイナーを目指す」というのも未経験の方には一つの手段だと思います。

 

駆け出しデザイナーとしての苦労と喜び

 

憧れのデザイナーとしての仕事がスタート!私は「デザイナー=格好良くて華やか」と甘いイメージだけを持っていたのですが、実際は「重労働」で有名だった当時のデザイン業界…

 

会社に泊まりデザインを制作するなんて事は当たり前。

制作デザインを上司に赤ペンまみれにされたり、クライアントから「今すぐ修正の説明をしたいから来てほしい!」と呼ばれたり、ミスが見つかり印刷会社にギリギリで印刷機をストップしてもらったり、と「デザイナーって格好良いじゃん!」等という私の浮ついた考えは粉砕され、まるで洗濯機の中に放り込まれたかのような慌しい毎日を過ごしました。

 

ただ、苦労が多いだけに自分が作ったデザインが世の中に出た時や、クライアントから「作ってもらったDM反響有ったよ、ありがとう!」なんて言葉をもらった時には涙を流してしまいそうなほど嬉しかったのを覚えています。

 

駆け出しデザイナーとしての数年間はデザインの現場の過酷さと共に、楽しさと喜びを知りました。

 

 

私を変えた先輩デザイナーの言葉

 

当時の私は「デザインは格好良ければ正解」と考え制作をしていました。

勿論そんな考えで出来上がったデザイン。クライアントから「これでは商品の良さが伝わらない、これでユーザーがアクションを起こしてくれると思う?」と厳しい指摘をいただく事も…

 

「自分のセンスを見せてやる!この表現の仕方は面白いはず!」と提案しては付き返されるという事を繰り返していた時、30年以上もキャリアがある先輩デザイナーがこう教えてくれました。

「CF君は自分が表現したい!という気持ちばかりでユーザーの事を考えていない」と。

 

また先輩デザイナーはこうも言いました

「例えば商品の広告を作るなら『この商品はこういう見た目です。購入するとあなたにこんなメリットがあります。こういう年齢層・性別の方に向いています。金額は○○円です。こうすれば購入できます』等の要素を、デザインを見る人にわかりやすく伝えてあげないといけない」

 

「つまりデザインの目的・役割とは『伝えたい事、答え』をわかりやすく変換して見せてあげる事だよ」と。

広告デザインを作る人間にとっては当たり前の事ですが、当時の私には頭の中にある豆電球がピカーンと点灯したような言葉でした。

 

それからも私は先輩のデザイナーや同僚から多くの事を学びました。その当時の経験は今でも大きな財産だと思っています。

 

 

デザイナーから徐々にディレクターに

 

それからは自分が作るデザインに対して「この見せ方で商品の特性がユーザーにわかりやすく伝わるか?」を追求する日々が始まりました。

 

勿論、簡単に全てが上手くいくわけもなくやはり上司やクライアントから付き返される事もありましたが、それまでに比べ修正量が圧倒的に少なくなりました。

自分の独りよがりではなく「商品とユーザーに寄り添った適切なデザイン」を作ろうとした結果です。

 

徐々にクライアントからも「CFさん最近良い仕事するね!ずっとうちの仕事を担当してよ」なんて嬉しい言葉をいただくことも…

 

そんなこんなで7年程。

少しずつデザイナーとして安定した仕事ができるようになっていた頃、気づけば仕事の内容が「ディレクター」へと変わっていました。

最後までお読みいただきありがとうございました。次回はディレクターへ転身した経緯やディレクターとして大切なマインドのお話を公開予定です。

どうぞお楽しみに!

 

 ラライフでは、なりたい自分に近づくためのお手伝いをしています。 専門性の高いカウンセラーが、キャリアを軸にあなただけのスタイルをアドバイスさせていただきます。 新しいことにチャレンジしたい方をとことん応援しています。 仕事のご紹介だけではありません。今の仕事の悩みや将来のことなど、あなたの心の不安やこれからのことをお話できる有料カウンセリングも行っています。どうぞお気軽にご相談ください。

 


ご相談はWantedlyメールFacebookTwiter  よりお願いいたします。 皆さまからのご連絡を心よりお待ちしています。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

FOLLOW ME
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
SEARCH BY TAGS
FEATURED POSTS
Please reload

GALLERY