top of page

ちゃんと知っておきたい!デザインにおけるUI、UXとは

近頃、ビジネスシーンで耳にするようになった「UI、UX」という言葉。

実はこのUI、UXはデザイナーやディレクター等「デザイン製作に関わる業種」にも多いに関係があるんです!

デザインにおけるUIとは

UIとはユーザーインターフェースの略で、ユーザーと媒体との「繋がり」を意味しています。

例えば「WEBサイトやスマホアプリのデザイン」をする場合だと、ユーザーがサイトを訪問した時・アプリを使用した時に目的(欲しい情報を見つける、商品を購入する、検索する等々)まで迷わず到達できるようなものが理想的で

●今、何のページを見ているのか?

●クリックしたらどうなるか?

●どこをクリックすれば良いのか?

●どこに情報があるのか?

●商品はどうすれば購入できるのか?

等の疑問をユーザーが感じる事なく、本能に導かれてPCやスマホ等の機器をスムーズに操作することができるような「無駄がなく・理解しやすく・操作しやすく・見やすい」ものが優れたUIデザインです!

デザインにおけるUXとは

先ほどのUIと似た言葉で混同してしまいがちですが、UXはユーザーエクスペリエンスの略で、ユーザーの『経験・体験』を意味しています。

いわゆる「顧客体験」というやつですね。

同様にWEBサイトを例にするとUXは「サイト閲覧者がそのサイトを通して体験する事、感じる事」です。

サイトを見ながら「綺麗だな、楽しげだな、センス悪いな、使いづらいな」等と感じる事だったり、PCやスマホを操作しながらサイトを見ている行動そのものもUXです。

閲覧者がどういうシチュエーションでそのサイトを見ているか想定し、サイトを通して良い体験をさせて「感動させる」事ができるのが良いUXデザインです!

UIとUXの関係性とは

UIとUXは上記のように全くの別物で明確に区別する必要がありますが、密接に関係しているものでもあります。

良い体験に優れたUIは付き物ですし、逆にUIが悪いと印象も悪くなりがちです。

イメージしやすいように「スーパーでの買い物」をUI、UXで例えてみると…

●整理されておらず欲しい野菜が見つけられない(UI)

●目当ての野菜が見つけられずイライラした(UX)

●レジが混雑しているのに店員の対応が遅い(UI)

●もう二度とこのスーパーには来ない!(UX)

という感じです。

『ユーザーに良い体験(UX)』をしてもらう為には『サービスは快適でわかりやすくないといけません(UI)』。

ただ、良い体験は快適なUIだけで生み出せるものでもありません

●商品が明確に陳列されていて店員の対応も良い(UI)

…ですがそれだけだと印象としては「良いけど普通」という感じではないでしょうか?

サービスやモノが溢れる昨今では「普通に良い」というだけではユーザーを感動させる事は難しくなってしまっています。