ちゃんと知っておきたい!デザインにおけるUI、UXとは

近頃、ビジネスシーンで耳にするようになった「UI、UX」という言葉。

実はこのUI、UXはデザイナーやディレクター等「デザイン製作に関わる業種」にも多いに関係があるんです!

デザインにおけるUIとは

UIとはユーザーインターフェースの略で、ユーザーと媒体との「繋がり」を意味しています。

例えば「WEBサイトやスマホアプリのデザイン」をする場合だと、ユーザーがサイトを訪問した時・アプリを使用した時に目的(欲しい情報を見つける、商品を購入する、検索する等々)まで迷わず到達できるようなものが理想的で

●今、何のページを見ているのか?

●クリックしたらどうなるか?

●どこをクリックすれば良いのか?

●どこに情報があるのか?

●商品はどうすれば購入できるのか?

等の疑問をユーザーが感じる事なく、本能に導かれてPCやスマホ等の機器をスムーズに操作することができるような「無駄がなく・理解しやすく・操作しやすく・見やすい」ものが優れたUIデザインです!

デザインにおけるUXとは

先ほどのUIと似た言葉で混同してしまいがちですが、UXはユーザーエクスペリエンスの略で、ユーザーの『経験・体験』を意味しています。

いわゆる「顧客体験」というやつですね。

同様にWEBサイトを例にするとUXは「サイト閲覧者がそのサイトを通して体験する事、感じる事」です。

サイトを見ながら「綺麗だな、楽しげだな、センス悪いな、使いづらいな」等と感じる事だったり、PCやスマホを操作しながらサイトを見ている行動そのものもUXです。

閲覧者がどういうシチュエーションでそのサイトを見ているか想定し、サイトを通して良い体験をさせて「感動させる」事ができるのが良いUXデザインです!

UIとUXの関係性とは

UIとUXは上記のように全くの別物で明確に区別する必要がありますが、密接に関係しているものでもあります。

良い体験に優れたUIは付き物ですし、逆にUIが悪いと印象も悪くなりがちです。

イメージしやすいように「スーパーでの買い物」をUI、UXで例えてみると…

●整理されておらず欲しい野菜が見つけられない(UI)

●目当ての野菜が見つけられずイライラした(UX)

●レジが混雑しているのに店員の対応が遅い(UI)

●もう二度とこのスーパーには来ない!(UX)

という感じです。

『ユーザーに良い体験(UX)』をしてもらう為には『サービスは快適でわかりやすくないといけません(UI)』。

ただ、良い体験は快適なUIだけで生み出せるものでもありません

●商品が明確に陳列されていて店員の対応も良い(UI)

…ですがそれだけだと印象としては「良いけど普通」という感じではないでしょうか?

サービスやモノが溢れる昨今では「普通に良い」というだけではユーザーを感動させる事は難しくなってしまっています。

ユーザーは良いサービス、快適なUIに慣れてしまっているからです。それだけでは競合相手に勝つ事は難しくなってしまいます。

その為スーパーは

●漁港直送の魚を氷の上に並べてみたり

●屋上農園を作り野菜を訴求してみたり

●焼きたてパン、挽きたて珈琲で良い香りをさせてみたり

ユーザーの心を動かす為に様々な工夫を行います。そしてその工夫がユーザーにとって特別な体験UXをもたらすようになります!

デザインにおけるUI、UXも上記と基本的には同じ考え方です。

今回はデザインにおけるUI、UXについてザックリとご説明いたしました。

次回はより具体的に「良いUIのデザインを作るには具体的にどうすれば良いのか?」という事をご紹介いたします!

最後までお読みいただきありがとうございました。 ラライフでは、なりたい自分に近づくためのお手伝いをしています。 専門性の高いカウンセラーが、キャリアを軸にあなただけのスタイルをアドバイスさせていただきます。 新しいことにチャレンジしたい方をとことん応援しています。 仕事のご紹介だけではありません。今の仕事の悩みや将来のことなど、あなたの心の不安やこれからのことをお話できる有料カウンセリングも行っています。どうぞお気軽にご相談ください。

積極採用中↓↓

■【未経験可能!】

エンジニアとして成長したい方を大募集!

ご質問大歓迎します!

Wantedly、メールFacebookTwiter よりご連絡をお待ちしてります。

#UIUXデザイナー #クリエイター #豆知識 #未経験 #転職応援します

FOLLOW ME
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
SEARCH BY TAGS