top of page

新米デザイナーのサブPCはMac?Windows?一長一短まとめ

デザインの仕事や会社の業務を自宅に持ち込む方も、中にはいらっしゃると思います。「早く一人前になりたいから!」という熱意溢れる新人Webデザイナーや、「副業で自宅でWebデザインをしたい!」という方も多いです。

そこで今回は新人デザイナーのサブPCはMacかWindowsどちらにするかというポイントをまとめてみました。

PC選びに困っている方はぜひ参考にしてみてください。

まず大切なこと

 「職場で使うPCに合わせた方が勝手がいい」

職場でMacを使っているなら自分のパソコンもMacにした方が、ファイルが開けなかったりフォントが見つからなかったりという不具合も心配しなくていいようになります。

またMacは色の表現がWindowsよりも優れているので、私も10年ほどMacを使っています。

PC選びは作業内容によって変わってくる

■ネットだけできればいいという場合

ネットだけできればいいし価格は抑えたいという場合、WindowsPCが向いているでしょう。DELLやhp・mouseなどの価格が比較的安いPCもあるので、作業抜きでPCの使用を考えている方にオススメです。

しかしアプリケーションをバンバン入れて使用するのにはあまり向いていないので、あくまでネットのみの使用と考えましょう。

■Webデザイン・コーディング・画像編集のみの場合

こちらもそれほど値段が高いPCは必要ありません。しかし容量の大きいPhotoshopファイルを開く時を想定してMacbook等のミドル価格のPCを選ぶと、突然シャットダウン!という事態も避けられます。

画像編集は結構PCに負担がかかるので、余裕あるスペックを選ぶようにしましょう。

■音楽・動画を編集する場合

音楽や動画の編集はかなりPCに負担がかかります。スペックが低いPCは変換時間も数時間かかることはザラですので、MacbookProやCorei5・7が搭載されているPCが向いています。

価格もそこそこしますが、高いものにはそれなりの理由があるので初期投資はきちんとしておきたいところです。

■PCを持ち歩く場合

「重量が軽いものがいい」この1点です。いくら高スペックPCでもゴツくて重いPCはやがて持ち歩かなくなります。MacbookAir・Proやモバイル向けのWindowsPCがオススメです。

・外出先でPCを使う場合はWi-fi環境があると作業も捗ります

外出先でサイトを更新したりデータをアップロードする際、気になるのがネット環境です。いくら素敵な作品を制作しても納品できなければ意味がありません。

外でのネット環境の構築はモバイルルーターがあるとすごく便利です。UQwimaxは容量を気にしなくていいですし、エリアも広いです。

またUQwimaxの電波が入らないなら、容量は限られますがdocomoなどの携帯キャリアから出ているモバイルルーターを使うといいでしょう。

私が実感したところ、動画を見なくてネットをブラウジングするだけなら月5GBあれば十分足ります。

WindowsとMacのメリット・デメリット

■Windowsのメリット

・対応しているソフトの数が圧倒的に多い

・拡張性に優れている

・PCゲームをするならWindows一択

・Macと比べると安い

Windowsの最大の特徴としてはソフトの数がMacよりも圧倒的に多い点です。MacではできなくてWindowsではできる機能やアプリケーションはたくさんあります。