top of page

面接の山場! 1分間の自己PRを対策する方法


「自己PRを1分でまとめてください」

面接の場でこんなことを急に言われて焦らない方が難しいというもの。転職の面接でたびたび見られるのが、自己紹介のあとにくる自己PRタイムです。自分の魅力を面接の場で1分という時間でまとめるのはかなり大変です。そこで、焦らないように対策を練っていきましょう。

面接官が1分にこだわるのは即戦力になるかを見ている

1分といえば、当然短いものです。しかし、緊張する場面では意外に長く感じるものといえますね。これまでの面接で失敗した方もいるのではないでしょうか。そもそも、転職者の面接ではなぜ1分という時間にこだわるのか、という疑問を持った方もいることでしょう。これが新卒だったら1分という時間に縛ることも少ないものです。

面接官は新卒者と転職者を区別しています。新卒は大目にみられることもありますが、社会人はそうはいきません。転職の面接では即戦力を求めていることがほとんどです。

ここでいう即戦力というのは、業界・職種の未経験者というわけではなく、「仕事全般を任せていける社会人として通用する人材か」という意味です。

1分間という制限された短い時間で、自分をどうやってアピールできるかというのは、上司からの指示に的確に対応できるか、仕事をする上で時間の使い方が柔軟にできそうか、チームの中で自分の意見を反映できるか、といった適応力を判断しています。

1分で話せるのは300文字前後

どれだけ場馴れしても、面接の場は特に緊張します。緊張を和らげる対策としては、何よりも練習するのが一番です。不安を解消するのは自信をつけるしかありません。自己PRのように短くまとめるには、紙に書いて読み上げる練習をするのが効果的といえるでしょう。1分で話せるのはせいぜい300~350文字くらいといえますので、自身のPRしたいことを300字を目安にするところから始めましょう。

また、面接官にもよりますが、1分を10秒ほどはオーバーしても大丈夫といえますので、短くならずにしっかりと練習しておくことが大事です。

結論から述べたほうが聞きやすい

1分と短い時間しかありませんので、話す内容は簡潔にまとめないといけません。自分の長所が何なのか最初に述べておきましょう。

自己PR例

では、実際に自己PR文を5つポイントに分けて一例を見ていきます。

1.私の長所は責任感です。

2.私は目標に対しての達成方法を常に考え、どのようにして取り組んでいくべきか多角的に捉えられるように努めています。問題が起きた場合、迅速に対策案を検討して改善・解決に率先して向かうように考えております。

3.前職では責任感を持ちすぎて周囲を見渡せない時期もあり、業績に影響を及ぼしていたこともありました。自分の姿勢を見直すことで、チームプレーの大切さを痛感し、個人の責任感を持って周囲と助け合う姿勢を常に取り入れていきました。

4.自身を見直してから半年後、チームリーダーに昇格することができました。チームの目標達成率が初めて100%を超え、12か月連続で目標達成を継続しました。これは過去10年で最高の数字となり、会社表彰を受けることができました。

5.私はこの責任感を御社での事業に活かしたい所存であります。

自己PRのポイントは客観的に自己分析できているか

それぞれ5つのポイントの意味を説明していきます。

1では長所(責任感)を最初に説明しています。

2