top of page

求め“ない”人物像は「職人タイプ」!?

こんにちは。株式会社ラライフです。

突然はじめます!!「この仕事、何するの?」

シリーズ第一弾の今回は、株式会社コプロにお邪魔をしてお仕事中のゲームエンジニア Kさんにインタビューをしてきました。

インタビュアーは、ツマミ具依(つまみぐい)さん。

面白企画を次々と決行する今話題のライターさんです。 

エンジニアは、実に多様スタイルの専門職。

ゲームエンジニアって、どんなことをしているの?

ツマミさんがグイグイとツッコミ、実際の仕事内容や聞きにくい会社の裏事情も引き出してくれています。

 

――まずは、Kさんのキャリアを聞かせてもらえますか。

はい、新卒で証券会社のシステムを3年やっていました。そのあとに……

――んー!!ちょっと待ったぁ!

え?

――ま、まずい……

???

――このままだと、「キャリア→いまの仕事内容→なぜこの会社か→やりがい」という“求人記事あるある~”にハマってしまいそうです……!!

はぁ……(困惑)

――キャリアについては下のほうにまとめて書きます!ぶっちゃけた話から聞かせてもらっていいですか?

わかりました(ゴクッ)

――ではいきます。ズバリ、会社を辞めた人がどんな人だったか教えてください!

めっちゃ話しにくいですね(苦笑)

――ですよね(笑) が、構わずいきます。

そうですね……入社してから1人しかいないですが、その方は職人的な一人で没頭するタイプでしたね。周りがコミュニケーションを求めてくるから合わなかったのかなと思います。一人で幅広く担当するので、どうしても相談や打ち合わせをしなくてはいけないことが多くて。

――なるほど。逆にいうとコプロさんではコミュニケーションが求められる傾向が強い?

そうですね。一人でもくもくとやることはあんまりありません。コプロは会社全体でも20名ほどの少人数なので、積極的にコミュニケ―ションを取ろうとする空気が流れている気がします。なので何かあれば遠慮しないで周りの人にすぐ声をかけられるんです。以前いた会社だとフロアに1000人くらいいたので、困ったときや相談したいことがあっても、すぐに連絡がつかなくて。隣にいても声をかけにくかったりしたんですが、今はとても仕事しやすいです。

――では、さらに聞かせてもらいます!会社の弱みって何だと思いますか?

また話しにくい内容……(笑)人数が少ないので、上司部下といったような会社の体制が整っていないところですかね。逆にそれがコミュニケーションをしやすくしているとは思うんですが。社長がいないと、たまに誰に報告すべきなのか、次に偉い人は誰でどこに決定権があるのか迷うときがあります。

――ほうほう、少人数で立場の関係が緩やかになっている故の悩みですね。