ゲーム開発でのステップアップは転職も視野に

2017-12-07

 

 

 

多忙を極めるゲーム開発の職種において、自身のステップアップを図っても上手くいかなくて悩んでいる人も少なくありません。

現状の忙しさに負けないようにするためには、自社以外でも人材が求められている業界であることを再認識し、ステップアップを図るための転職方法をご紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

需要が多いソーシャルゲーム

 

 

スマホの爆発的普及に伴い、これまでに無数のアプリが市場を賑わしています。中でもソーシャルゲーム業界は飛躍的に伸びたといえ、不動の地位にいたコンシューマゲーム機を抑えるほどにいたっています。

 

面白ければ簡単にSNSで紹介することが可能で、おススメアプリとして友人や知人に拡散することができます。ユーザーの需要も尽きることがなく、多くの企業が参戦しているだけあって、ソーシャルゲーム業界はやりがいがある仕事といえます。

 

 

 

 

多忙を極める中で

自分の市場価値を見出すことを考えていく

 

 

その一方で、ゲーム業界はコンシューマ・ソーシャルに関わらず、開発に時間がかかるものです。現在開発中のものは、市場販売されるころにはまた新しい業態やジャンルができていて、すでに古いジャンルのゲームとして認識される恐れもあります。

 

立案から計画に入ると、スケジュールは販売まで待ったなしとなりますが、企業の一日でも早く商品化にしたい思いから、なかなか自分と向き合う時間がとれないものです。

 

いくらやりがいがあっても、仕事量と年収がマッチしていない場合は、モチベーションも上がりにくいものです。自分の市場価値をしっかりと見出していくことが求められます。そこで、第三者に客観的な視線から自分の適正な市場価値を判断してもらい、ステップアップを図っていくには転職を決意することも必要となっていきます。

 

現在プログラマーの方で、キャリアを積んでエンジニアを目指している人やプロジェクトマネージャとして幅広く活躍したい人など、自社では自身のステップアップを発揮できなくても、他社では可能となるステージが用意されているケースもあります。

 

 

 

 

人材が不足している業界

 

では、ソーシャルゲーム開発にはどのような人材が求められているでしょうか。

自分が勤めていると、忙しさのあまり、なかなかどんな人材が欲しいかわかりにくいものです。しかし、チームとして活動していることが多いゲーム開発では、一番欲しいのは即戦力といえます。

 

将来を見据えて新人も欲しいところですが、何より即戦力が求められる以上、それは自社にかかわらず、ゲーム業界の他企業であっても同じです。言うなれば、転職活動を考えていく中で、他の企業も同じように自身のスキルを即戦力として求めているのが分かります。

 

しかし、いくら即戦力のスキルを持っているとはいえ、やみくもに転職活動を実施しても成功にはつながりません。たとえ年収が上がっても、前職よりも多忙を極め、休日もなく、残業も当たり前のような社内の雰囲気も悪い企業では、転職をした意味がありません。

 

高いスキルを求めている企業に転職したい場合、失敗しないためにもじっくりと転職活動に専念したいものですが、自身の日々の業務に支障をきたすことも考えられます。そこで転職サポートを受けておき、日々の業務に専念するようにしましょう。

 

 

 

 

ステップアップを目指すには転職サポートを受ける

 

 

 

転職サポートには専任のコンサルタントに一任したほうがよいでしょう。

自身で転職サイトから応募したり、直接企業のHPからエントリーする方法もありますが、どれも自身がメインで動く必要があります。

 

転職は一大決心といえますので、慎重に行動したいものです。転職エージェントなどのサポート体制では、カウンセリングや直接的な面談を経て、応募者の悩みを受け止めて真摯に対応してくれます。

 

面談は応募者に負担がかからないように、休日や仕事帰りの時間まで営業していたり、会社の近くまで赴いてくれるエージェントを選びましょう。

 

第三者の率直で客観的な意見は、転職活動を成功に導くために必要で、自身の市場価値を見出してくれて、マッチする企業を紹介してくれます。また、現職を円満に退社できるようにアドバイスを受けることもでき、入社日の日程調整も行ってくれます。

 

このように、十分なサポートを受けることで、現職に支障をきたさずに転職活動を行うことができるのは大きな魅力といえます。

 

 

 

まとめ

 

需要が多くて多忙を極めるソーシャルゲーム業界でステップアップを図るには、現状の忙しさで満足いかない場合、転職を視野に入れておくべきといえます。人材が大いに不足している業界において、即戦力となるスキルを擁しているのはかなり有利といえます。

 

しかし、転職活動を効率よく進めていくには、現職に支障をきたすことがないよう、転職サポートを受けておくべきといえます。カウンセリングや面談を経て、転職成功を目指していきましょう。
















 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

FOLLOW ME
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
SEARCH BY TAGS
FEATURED POSTS
Please reload

GALLERY